車検費用はなぜ高い?




車検の方法3種類

車検には
「ユーザー車検」「ユーザー車検代行」「ディーラー車検」
3種類があります。

それぞれ内容や方法が違いますので値段も大きく違います。

ユーザー車検

自分で点検整備、部品交換等をして、自分で車検場へ持ち込む方法です。
税金等の法定費用以外は無料です。
しかし、やはりある程度車に関する知識や技術が必要になります。

整備工場やディーラーで整備だけやってもらい、自分で車検場へ持ち込む
方法もあります。点検整備費用は必要ですが、車検代行費用はかかりません。

 

ユーザー代行車検

車検場に車を持ち込んで、通検業務を代行してもらうのが
ユーザー代行車検です。

車には詳しくないから、ユーザー車検は無理だけれど
ギリギリまで車検費用を安く済ませたい、という方が利用します。

検査をクリアするだけの整備しかしませんので、車検の翌日に故障などという場合もあります。
代行費用は10,000円~15,000円が相場です。

 

ディーラー車検

ディラーや大手の整備工場は自前で車検ラインを持っています。
これを民間車検場と言います。ですから、わざわざ車検場へ持ち込む
必要はなく、最短2時間程度で車検を終了することも可能です。

ディーラー車検の特徴は「高い」ということです。なぜなら、部品の交換、<>br/整備内容等が充実しているからです。

例えば、あと半年ぐらいは大丈夫だという部品はディラー車検では
交換の対象になります。もちろん断ることも可能です。
しっかり整備することが高い価格になることにつながります。

とはいえ、ディーラー車検の保証範囲もあくまでも車検をクリアすることだけです。

車検費用が高いか?安いか?よくわからない方は以下の車検一括見積りを利用してみましょう。

カーセンサーの車検費用一括見積もり


サブコンテンツ