車検が近い車を売却する場合


車検ステッカー

 

車検は絶対通さない

車を買い換えたい、中古車を売却したい時、車検が間近に迫っている場合、どうしますか?

 
あなたの愛車を「簡単査定」してみる

 

車検は「有効期間の満了する日」の1ヶ月前から車検満了日までの間に受けることになります。

たとえ1日でも車検満了日を過ぎてしまうと公道は走れません。
仮ナンバーを申請する必要があります。

また、1ヶ月以上前に車検を受けることはできますが、
満了日が前倒しとなり、事実上車検期間が短くなってしまいます。

中古車を売却するタイミングと車検満了日が重なってしまう場合は
車検を通さずに売却する
ことがポイントです。

確かに車検の残存期間の長い中古車は査定額もアップします。

しかし、ほぼ100%と言っても過言ではないくらい、車検費用以上に査定額がアップすることはありません。
思っているほど売却金額は上がらないということです。

間違いなく、車検費用>査定額アップ分となります。


車検は「法定費用」と「その他の費用(整備、点検、代行手数料等)」に分けられます。

法定費用は誰が払っても同じ金額ですが、その他の費用についてはあなたが業者に払う費用よりも、買取業者が自社工場や提携工場に
支払うほうがはるかに安いからです。

法定費用以外の整備点検費用や代行手数料をタダにしてもらえるような
知り合いでもいれば話は別ですが…….

車検を通してから売ると間違いなく損をすることになります。

お気をつけ下さい。


サブコンテンツ