中古車のキズ・へこみは修理不要


車のキズ

 

キズ・へこみは査定に影響するか?

  • 木の小枝で擦ったキズ
  • 小石の飛び跳ねで受けたへこみ
  • 経年劣化で褪せたボディカラー

全くの新車でも毎日少しずつキズを受け劣化してゆきます。

ですから、中古車の査定、売却の際は

多少のキズや錆、へこみなどは無視して大丈夫です。

問題は、明らかにどこかにぶつけてできたキズやへこみです。

少しでも高額査定を出して欲しい、中古車を高値で売却したい
だからキズやへこみは修理したほうがいいのでは?

答えは×です。

ボディのキズをホームセンターで売っているタッチペンで補修している方もいますが
中古車の売却間近になってそんなことをやってはいけません
プロの塗装工ですら色を合わせる作業が最も難しいのです。
わずかなキズをかえって目立たせる結果に終わります。

また、大きなキズやへこみはいくら板金塗装のプロが修復したとしても
査定のプロはその修復を見逃しません。

ですから、コンパウンドで消せる程度のキズ以外は

「そのまま」が一番です。

もちろんプロにキズ・へこみの修復を依頼すれば、ある程度は査定額も上がるでしょう。

しかし、中古車買取業者はその道のプロですから、あなたが板金屋さんに行ってキズやへこみの修復にかける金額よりもはるかに安い金額で自社工場や提携業者で修復できるのです。

もし、あなたが10万円をかけて車のキズやへこみを修理したとしても
査定金額が10万円を上回ることは、まずないと思ったほうが良いでしょう。

キズ・へこみの修理修復費用>査定金額アップ分

ということになります。

 

あなたの愛車を「簡単査定」してみる


サブコンテンツ